スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

独り言 Vol’10






クリスマスプレゼント

もらったぁー♪

もらえるって

思ってなかったら

すごーーーーーく

嬉しくて♪

マグカップと

毛穴掃除の吸引機

マグカップには

メッセージが書いてあって




ずっと一緒

楽しい時ときも

悲しい時ときも

側にいさせてね



って書いてあった。


側に「いさせてね」

なんて

言わないだろうな(笑)

側に「いろよ」

って言いそう(笑)

お家に帰って

そのマグカップに

書いてあった言葉を

何度も・・・。

何度も・・・。

読み返しちゃった。


何度も読んでたら

涙が出てきた。

すごーーく嬉しいのと

すごーーく寂しいのと

両者の共存。


けどね、

ながーーーいっ

お休みに入って

彼とはプッツリで

音信不通になってるけど

そのマグカップがあるから

いつもみたいな寂しいのが

ちょっとだけ

我慢できて

いられてたりしてる♪


にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキングへ  ブログランキング【くつろぐ】

前を読む ⇔ 続きを読む

最初から読んでみたいというつわものの方は こちら から





関連記事
スポンサーサイト


*ひとりごと  恋愛

ケンジの場合 Vol'2






ケンジはマメに連絡をくれていた。

映画に行ったり

カラオケに行ったり

ドライブに行ったり

遊びにも

ちょいちょい連れて行ってくれていた。

ケンジがその時

どんな気持ちで

Rinaと接していたのかなんて

Rinaには全く関係なかった。

ただ、時間がつぶせて

お金を使わずに

それなりに楽しくやれれば

それでよかった。

もちろん、

ケンジのことは嫌いぢゃなかったけど

「好き」っていう感情を

封印していたRinaには

そんな感情さえ

もう、めんどくさくなってた。

ケンジからも

恋愛に関しての言葉を

求められなかったし

「彼女」っていうレッテルを

張られてる意識さえしなかった。


Rinaは相変わらず

西へ東へ飛びまわり忙しくしていて

同じ仕事を始めていたゆうこチャンと

仕事終わりに合流して

ご飯を食べて帰宅するのが

お約束になってた。

いつものように

ゆうこチャンと夕食を一緒にする約束をして

待ち合わせ場所に向かう途中、

ケンジから電話がかかってきた。

一緒にご飯しない?

友達と約束しちゃって・・・。

俺もツレ連れていくから一緒にどー?

ゆうこチャンに電話で聞いたら

OKってことだったら

一緒に向かうことにした。

ケンジが連れてきたツレの

ヒロキは、

仕事場の後輩らしく

なかなかのイケメン♪

爽やかな好青年って感じで

ケンジとはまったく違うタイプだった。

4人で楽しく呑んでいたけど

なんとなく気づくと

ケンジとゆうこチャンがいい感じ♪になってた。

Rinaは邪魔しちゃいけないって思って

ヒロキと楽しく呑むことにした。

ヒロキと軽くイチャイチャしていたら

ケンジが突然

俺・・・。 帰る・・・。

え? 何それ?!

ヒロキも慌ててケンジの後を追って帰っていった。

Rinaは

まぁー・・・。
支払済ませて帰っていったなら
いっかぁー(笑)


くらいにしか思ってなく

ゆうこチャンと二人で呑んだ後

帰宅することにした。

ケンジから

携帯に着信がなんども入ってたことに気づかず

気付いた頃には

もう自宅についていた。

お家に着いちゃったからまた明日ね

とだけ、メールをしておいた。

翌朝、ケンジからメールがきた。

昨日、ゆうこチャンと俺が仲良くしてても
Rinaは何とも思わないの?


Rinaはメールの返事を返さなかった。

めんどくさっ!って思ったから(笑)

そしてケンジから電話がかかってきた。

開口一番!!

なんで ヒロキとイチャついてんだよー?!

ケンジがゆうこチャンと仲良くしてたから
邪魔しちゃいけないって思っただけだよ?


ふーんっ。
俺はヒロキと楽しそうにしてるRinaを見てるの
面白くなかったからさ。


不愉快にしたのなら申し訳なかったね
だから、帰ったの?


そーだよっ

ものすごく気分悪くして帰ったのは
見ててわかったけど
私も、友達連れて行ってるわけでさー。
あれはないだろーにっ。


ごめん・・。
もー、逢ってくれない?


そんな風に思ってないよ♪

いつ逢えるかな?

まだわからないから
また連絡するよ


っと、電話を切った。

ケンジが

「ごめん」って言ったり

「逢ってくれる?」って言われたり

「いつ逢える」なんて

聞かれるのも初めてだった。


しばらく

ケンジに逢うって気になれず

メールと電話だけのやり取りが続いていた時

ゆうこチャンと呑みに行こうって話になって

ケンジを呼ぶことにした。

俗に言う・・・・。

スポンサーってやつです。

ケンジはヒロキとは違う

友達を連れて

Rina達を迎えに来た。

お店ではなく

マッタリ呑めるからって理由で

ラブホで呑もうって話になって

コンビニによって

買い物かごの中に

飲み物、おつまみは

もちろんのこと、

雑誌や化粧品まで

カゴにガンガン放り込んでいった。

コテージ風で

2階がベットルームで

1階がリビング風になってる

ラブホに入り

飲み会の準備を始めたところで

Rinaとゆうこチャンでお風呂に入ることにした。

ここのラブホ、温泉付きで(笑)

覗いたら、殺すかんねっ!!

っと、

♂二人に釘をさして

ゆうこチャンとお風呂をマッタリ楽しんで♪

サッパリしたところで

♂達とバトンタッチ♪

♂二人もお風呂に入っていった。

さーーーてっ

宴会スタート♪

前回と違って

今回 ケンジはRinaの隣で

ビッタリとしていて。

ビールを口移しで呑ますはっ、

キスはしまくるはっ、

そこにいた二人はドンビキしていたはず(笑)

ビールの缶が

ゴロゴロと

あちこちに転がり出した状態になって

ケンジが

上 いこっ。

って。

イヤぢゃーーーーーっ

って、

全力で拒否ってるRinaを

ケンジは

ムリムリ2階のベットルームに連れて行った。

必要以上に

吸引的な音を立てて

愛撫をしているケンジで

下に居る二人は

常に

おいおい・・・。

って

声が聞こえてた。

っと・・・。

下の声が・・・。

聞こえなくなった。

どうやら、下も始まったみたい(笑)

Rinaを責めているケンジは

下の様子には気がついてないみたいで

ツンツンってケンジを突っついて

下下・・・・・

ってジェスチャーをした。

ケンジが

Rinaの耳元で

下も始まったみたいだね

って

小声で言った。

あまりの下の静けさに

下を二人で覗いてみたら・・・。

2人がいない・・・・。

どうやらお風呂場で始めてるみたいで(笑)



そんなハチャメチャな飲み会が済んで

ケンジに家の近くまで送ってもらって

ゆうこチャンと徒歩で帰宅途中

ゆうこチャンが

私・・・。
実は今日昼間もHして
1日で2人も相手してヘトヘト


って

カミングアウトした(笑)



一定の距離感を保ちながら

ケンジと逢っていることで

ケンジは

Rinaが呼べば

必ずと言っていいほど

遊んでくれるっていう

ポジションに

なっていったのでした。


にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキングへ  ブログランキング【くつろぐ】

前を読む ⇔ 続きを読む

最初から読んでみたいというつわものの方は こちら から





関連記事


過去を振り返る  恋愛

ケンジの場合 Voi'1






サイトで知りあったケンジ。

Rinaより3つ年下で

土木関係の仕事をしてるせいも

あったかもしれないけど

おヤンチャ風に見える独身。

メールの内容もとても楽しくて

初めてメールをした日から

3日目に会うことになった。

ケンジはRinaの

家の近くまで迎えに来てくれた。

写真の交換はしてあったから

外見のイメージはできていたけど

可も不可もなくな感想(笑)

ケンジは

写真より全然いいぢゃん

っと、やたらRina誉めてくれたけど

Rinaは言われれば言わせるほど

また・・・。やりたいだけの♂かっ・・・。

って思った。

ヨイショしすぎだろうって(笑)


そして、

ケンジの車で居酒屋に向かった。

そのお店はケンジの行きつけなお店らしくて

店主や呑み仲間と

ケンジは楽しいそうに話をしていた。

たまにイジリにくる呑み仲間とも絡みながら

とても楽しい居酒屋タイムで

ひとしきり盛り上がった後

店を出て、

車の中で少し話そうってことになった。

居酒屋で楽しかった話を二人でしていたら

フッと沈黙になった。

ケンジはRinaにキスをしてきた。

キスをやめるとケンジは車を走らせて

ホテルに向かった。

やっぱりねぇー・・・・。

需要と供給の始まりです。(笑)

ホテルに入って

Rinaがソファーに座って

タバコを吸っていると

ケンジが隣に座って


そのタバコを取り上げて

Rinaの肩を抱きながら

ケンジが吸いだした。

いきなり、彼氏きどりかよっ・・。

その状況にRinaは居心地が悪くて

お風呂入れてくるね

って立ち上がるのを静止されて

1ラウンド開始。

ケンジのHはあんまり気持ちよくなかった。

これまでしてきたHとは何かが違ってた。

挿入されても痛いだけだし、

気持ちのいい演技をしながら

早く終わってくれないかな・・・・。

ってRinaは思ってた。

1ランウンド目が終わって

Rinaはお風呂に入った。

後からケンジが入ってきた。

そして・・。

2ラウンド目開始。

もー、いらないんですけど・・・。

とは、言える雰囲気ではなくて

いたしかたなく・・・・。(笑)

やっぱり、Rinaは全然気持ちよくなくて・・・。

もう・・。帰りたい・・・。

になってた。

Rinaからケンジを責めることは全くなく

ほぼ、マグロ状態(笑)

ケンジに

してほしい・・・。

って言われても

申し訳ないくらいなご奉仕で(笑)

してあげるのって好きぢゃないの?

って聞かれたから

うん。好きぢゃない。

って答えた。

お風呂からあがって

ケンジが3ラウンド目の申し入れがあったけど

さすがに

もう、壊れちゃいそうだから・・・。(笑)

って

お断りをしてホテルを出ることになった。

Rinaの家の近くまで送ってもらって

キスをして別れた。



そして

Rinaの中の

リトルデビルが

騒ぎ始めていくのでした。


にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキングへ  ブログランキング【くつろぐ】

前を読む ⇔ 続きを読む

最初から読んでみたいというつわものの方は こちら から





関連記事


過去を振り返る  恋愛

独り言 Vol'9






先週も逢えたし

今週も逢える~♪




次に逢える約束があると

「ぢゃーねっ♪」ってする時

寂しくなかったりする。

またすぐに逢えるって思えるから。


けど・・・。

私が

「逢いたい」「逢いたい」って言うから

無理させてるかもって

最近思ったりもする。

理性ではわかっていても

感情が勝っちゃって

時間作ってくれたことだけを

喜んでいる私がいるけど・・・。


逢いたい気持ちが止まらなくて

逢える時は

すごーーーく

嬉しくて。



彼への

「好き」って気持ちも

どんどん大きくなって

もー、止められなくなってる。

どうしたらいいか

わからなくなる時があったりもする。


気持ちのブレーキを踏んでるつもりだけど

そのブレーキを

ちゃんと踏んでなくちゃって頑張ってる。

頑張ってなくちゃとも思ってる。




明日、逢えるって思ってる



今が



一番幸せなのかもしれない。



めっちゃ楽しみ♪


にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキングへ  ブログランキング【くつろぐ】

前を読む ⇔ 続きを読む

最初から読んでみたいというつわものの方は こちら から





関連記事


ひとりごと  恋愛

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。