FC2ブログ

葛藤な生活






離婚後、

子供と③人で生活して行くために

離婚が決定するまでの間、

実家で甘えさせてもらってるうちに

まずはお金を蓄えようと考えた。

下着の仕事[詳細は こちら から]をしていたけど

収入が多い時と少ない時の変動が激しすぎるから

安定した収入の仕事を探した。

早朝5時~8時までパン屋でパート。

HTMLとタグ、

SEOの知識が少しだけあったのと

イラストレーターとフォトショップを

使えたのが理由で

昼間は

広告媒体のパート。

ここの会社、

フレックス出勤だったのが

ありがたかった。

夜はスナックと

前に仕事をしてた

あることを教える仕事に復帰した。

毎日、クタクタで

しんどかったけど

ここで頑張らなくちゃ!!

って

必死だった。

そんな生活を見ていた

両親が

「もー、家に帰れ」

って言いだした。

そんな生活してたら、
そのうち倒れるし、
早朝から家を出て
夜中に帰ってきて
近所にも迷惑だし。


そんなことを毎日言われるようになった。

もー実家にもいられない・・・。


Rinaは自分で部屋を借りることにした。

スナックの常連客の

てっちゃんに

いい物件がないか相談してみた。

てっちゃんが

Rina狙いでお店に来てくれてることは

知ってた。

前は

同伴もアフターもしてたけど

今のRinaの生活では

それが難しくて

てっちゃんには

全部、今の事情を話してあった。

てっちゃんが

物件を数軒持ってきてくれた。

っと、

てっちゃんが

俺が部屋借りてあげてもいいよ?

って言った。

けど、子供も一緒だから
てっちゃんは呼べないよ?


今はできなくても
一緒に暮らせるようになった呼んでくれればいいよっ


って言った。

また勘違い男登場(笑)

でも、今のRinaには

少しでもお金を使わないでいられる方法があれば

それを使いたかった。

部屋を借りることに関しては

てっちゃんに全部まかせた。

部屋を借りることを

子供たちに話した。

でも、子供たちは

そこに行くのはイヤだと言った。

実家でいいって・・・。

まだ小学生の子供に

どこまで話をして理解してもらおうか

考えたけど

Rinaの今の気持ちを子供達に話した。

パパとはもー一緒に暮らせないこと。
③人で生活していくためにお金が必要こと。
実家に居たら、家に帰らされることになること。

子供達は

ママが毎日バーバのとこに来てくれるなら
ママは部屋を借りてそっちで寝ていいよ


って言った。

色んな事が決まるまで
きっと辛いこともあるかもしれないけど
今は我慢してくれるかな・・・。
ごめんねっ・・。


子供達の前では

絶対泣いちゃいけないって思ってたけど

涙が出て止まらなかった。

両親には

友達が住んでいるところに

居候させてもらうって話にして

今は仕事に専念することを話した。

学校の迎え、

塾や習い事の送迎、

食事の準備は

Rinaがすると約束した。

両親も了解してくれて

子供達の面倒を見てくれることになった。

朝はパン屋、昼は広告媒体、夜はスナックか教える仕事。

更に

マンションに1人で居る時に

できる仕事はないと探してみた。

ネットで色々調べたら

テレフォンレディーという仕事があった。

このテレフォンレディーの仕事については

今も

その仕事で頑張っている方も

いると思うので

詳細説明は

ここでは控えます。

テレレの仕事をすることを

てっちゃんに話して

てっちゃんがマンションに来ることは

ほとんどなかった。

Rinaがスナックでバイトの時

お店に呑みに来た時だけ

一緒にマンションに帰った。



にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキングへ  ブログランキング【くつろぐ】

前を読む ⇔ 続きを読む

最初から読んでみたいというつわものの方は こちら から




スポンサーサイト



過去を振り返る  恋愛
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://xxxvnnvxxx.blog48.fc2.com/tb.php/107-3bad7001
» FC2blog user only

| Top |